ドラッグストア監修・胃腸の病気について解説するサイト

大腸カメラについて

正式には大腸内視鏡検査といいます。 大腸内視鏡検査とは、胃カメラと同様に屈曲自在なファイバースコープを肛門より挿入し、直腸から盲腸まで全大腸をみる精密検査です。ポリープに代表される隆起性病変や腫瘍がないかどうか、または、下痢や血便といった症状の原因となるような病変がないかを検査します。フルカラーでテレビモニター上に映像を映し出して異常がないかを観察しますが、ポリープや癌などの疑わしいところがあれば、その場で組織の一部を採取(生検)したり、直接ポリープを切除して細胞レベルで調べる病理検査をします。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

大腸レントゲン検査で異常を指摘されたとき、便に血が混じっていると言われたとき、肉眼的にあきらかな血便が出たとき、種々の治療にも関わらず下痢が続くとき、下痢、便秘が交互にみられるとき、 便柱(便の太さ)が急に細くなったとき、下腹部を中心とした痛みや不快感が持続するとき、などの症状の時に大腸内視鏡検査を要します。  大腸内視鏡検査は直接粘膜の異常をみる検査にたいして、大腸レントゲン検査(注腸造影)は胃透視検査と同様バリウムを大腸の粘膜につけてレントゲン撮影する検査です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

陰をみているのは同様です、ただし胃と違い大腸にはハウストラといわれるヒダがあり、内視鏡では死角となりやすい場所(ヒダの裏側、曲がり角等)があるため、注腸検査の重要性は今も変りません。

 

調剤薬局