ドラッグストア監修・胃腸の病気について解説するサイト

胃カメラについて

「胃カメラ」の正式名称は「上部消化管内視鏡検査」といいます。 胃の内部を撮影するためのカメラで、日本で開発され「ガストロカメラ」の商品名で知られる。これによって胃の内視鏡検査が急速に普及し、上部消化管(食道・胃・十二指腸球部)の内視鏡検査が胃カメラ検査と通称されています。今日では先端に小型撮像素子(CCD)を組み込んだ電子スコープが使用されています。電子スコープでは、モニター画面を通して被検者も自身の体内を見ることができます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

胃鏡では検査している医師が、暗い視野のなかの所見をやっとスケッチできた程度でしたが、胃カメラでは胃内部の鮮明なカラー写真が容易に撮影できました。そのために胃内のようすを多人数で客観的に検討できることになって、胃の内視鏡診断は急速に進み、胃癌の早期診断に大いに貢献しました。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

上部消化管の内視鏡検査(胃カメラ検査)は、朝食をとらない状態で、のどを麻酔したのち、太さは6〜10ミリメートルの内視鏡を口から挿入し、食道から十二指腸球部までを数分から10分程度で検査できます。X線被曝がなく、診断の精度が非常に高いので、内視鏡検査が胃透視にとってかわりました。これにより食道、十二指腸の早期癌の診断も可能になりました。さらに近年では、鼻から挿入する経鼻内視鏡、バッテリーを内蔵した小型カプセル型の内視鏡が開発され、その有用性が確認されています。

 

薬局