ドラッグストア監修・胃腸の病気について解説するサイト

腸内細菌と病気の関係

健康な成人の腸全体で、種類にしておよそ100種類、数にして約100兆個にもなる細菌が含まれています。腸内菌を人間に対して友好的かどうかで分類すると、乳酸菌などのような友好菌(善玉菌)、ウェルシュ菌などのような非友好菌(悪玉菌)、そしてどちらにも属さない中間の菌に大別できます。友好菌(善玉菌)を優位にして、腸内細菌叢(そう)の適切なバランスを維持することが健康にとって大切なことです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

ストレス・過労、偏った食事・食べ過ぎ・飲み過ぎ、抗生物質、食中毒など細菌汚染、下痢・便秘、加齢、といった様々な原因で、乳酸桿(かん)菌やビフィズス菌といった善玉菌が減少し、ブドウ球菌や大腸菌などの悪玉菌が増加して、腸内細菌のバランスを崩します。母乳で育った赤ちゃんの便にはビフィズス菌が特に多く、腸内は弱酸性です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

一方、人工乳で育った赤ちゃんの便にはビフィズス菌は少なく、その代わりもっと多種類の菌が見られます。年齢とともに、これらの非友好菌が優勢になり、成人型の細菌叢(そう)になります。離乳食の時期になると、ビフィズス菌は、大分減りますが、幼児から成人まではまだ優勢で、健全な腸内細菌叢(そう)が保たれます。しかし、青年期を過ぎて、老年期になると、ビフィズス菌は減少し、人によっては激減することもあります。これは年齢が進むにつれて腸の動きが減ることと食生活の変化によるものと考えられています。

 

薬剤師 転職