ドラッグストア監修・胃腸の病気について解説するサイト

ピロリ菌の危険性

正式にはヘリコバクター・ピロリ菌と言って、胃粘膜に感染する、らせん状の細菌です。 ピロリ菌は胃の中に定着します。このことから口から感染すると考えられています。このほかにもハエや猫などを媒介して感染する可能性もあります。川の水や池の水、保菌者の吐しゃ物や便などからも感染すると考えられています。
感染者は40代以上の人に多く見られています。子供の感染者はとても少なく、20歳以下の人ならば、感染している人は全体の4分の1です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

下水の設備が整ってきたことを要因として挙げることができます。日本での感染者は世界的に見ても少ないものではありません。先進国の中では多い国に分類されてしまいます。
ピロリ菌に感染すると、下痢になることが増えます。胃腸の調子が悪くなりますから、吐き気があり、食欲もなくなります。多くはそのまま慢性胃炎に進行してしまいますが、症状には個人差があり、全く自覚症状のない人もいます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

ただ、症状がなくても病状としては進行している可能性がありますから、そのまま放置しておくと胃癌になる危険性がとても高くなってしまいます。慢性胃炎や胃潰瘍などの原因はピロリ菌だけではありません。ほかの危険因子と重なって病気になってしまうのです。そのため早く検査を受けて、気がつくことが予防の第一歩となります。ピロリ菌が発見されたら、早期に除去する治療が大切です。

 

ドラッグストア