ドラッグストア監修・胃腸の病気について解説するサイト

胃腸薬の種類

胃腸薬は、胃および腸の疾患の治療や、症状の緩和に用いられる医薬品の総称です。俗に胃薬と呼ばれることも多いです。胃酸を中和し、胃腸の過度な働きを抑制するものと、胃酸の分泌を促進し、胃腸の働きを活発にするものとに大別されます。症状にあわない医薬品を選択すると効果がないばかりか、症状を悪化させることとなるので注意が必要です。これら両方の効果を持つ複合胃腸薬も市販されています。瀉下薬や止瀉薬も広義の胃腸薬に含まれます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

胃腸薬にはいろんな種類がありますが、症状に合った胃腸薬を選ぶのはなかなか難しいものです。一般的な胃腸薬の選び方としては、一時的に起こった胃腸の不快な症状に対して、その症状に合った胃腸薬を選び、短期間の服用で症状が改善するというものです。
「制酸剤」過剰な胃酸を中和し、胃酸過多による不快な症状を和 らげます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

「健胃剤」生薬の苦味や芳香、辛味でだ液や胃液の分泌を促進 し、消化器全体の働きを高めます。
「消化剤」炭水化物やたんぱく質、脂肪の消化・吸収を促進します。
「整腸剤」便通を整え、腸の働きを正常に保ちます。
「止瀉剤」下痢を止め、腸の働きを正常にします。
「鎮痛鎮痙剤」胃腸の過度な運動や緊張を緩め、痛みを和らげます。
「粘膜修復剤」胃酸やペプシンから胃粘膜を保護し、修復します。
「H2ブロッカー」胃酸の過剰な分泌を抑え、胃酸から胃粘膜を保護します。

 

薬剤師 就職