ドラッグストア監修・胃腸の病気について解説するサイト

胃の病気@胃炎

胃炎は、胃の粘膜が炎症を起こしている病気です。粘膜だけではなくその下の組織まで欠損が及んだ場合を潰瘍と呼びます。胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があります。
慢性胃炎はピロリ菌が主な原因といわれており、胃の粘膜に長びく異変が生じたものです。胃炎の場合の粘膜の状態はさまざまで、実際にキズとして認識できるものから、色の変化だけのもの、萎縮が生じたものがあり、それらが混ざりあっているものもあります。胃炎の症状にも個人差があり、激しく痛みを感じる人もいれば、これといった症状のない人もいます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

日本人の慢性胃炎の大部分はB型萎縮性胃炎で、ピロリ菌がその原因と考えられています。
急性胃炎はほとんど慢性化しませんが、ピロリ菌の感染による急性胃炎は慢性化します。そのほかの原因はストレス(精神的、肉体的)、薬物(非ステロイド性消炎鎮痛剤など)によるものが多く、その他にはアルコール、刺激性食品(ニンニク、唐辛子など)、アレルギー性食品、などがいわれています。 胃炎の主な症状は、みぞおち部分の痛み・不快感、むかつき、嘔吐、食欲不振、胸やけ、などがあります。急性胃炎の場合は吐血、下血などをおこす場合もあります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

胃炎の薬は胃酸の分泌を抑える薬や胃粘膜を保護する薬を使います。 生活習慣では安静と食事療法が一番です。食事は刺激性食品や過度の温熱刺激を避け、胃内滞留時間の長い脂肪性食品を控えます。

 

薬局